2018年12月12日

早すぎのOP1

今日は久しぶりの晴天で最高温度14度の予報。

仕事の前の畑訪問にもルンルンな気持ちです。

ここで一番早いのはOP1
まずは全体像。
    
IMG_2063.JPG

沢山の花が咲いて こんなのですよ。
IMG_2075.JPG
IMG_2076.JPG
IMG_2077.JPG
IMG_2078.JPG

全体の一部ですがもう一個咲きのまぐれ花ではなくて
咲いてないのも花芽が膨らんでピンク色が出ています。
IMG_2079.JPG
OP1は自家受粉性があるようだから、この花たち何とかならないか?

これから1月2月と寒さが続くなか無駄花にしないで収穫するには
このネットハウスの天井をビニ-ル張ったら多少は違うかな?
全体に張れば良いのですが、通風悪いのは害虫多いこの地では抵抗があってね。
天井だけではダメもとですが そのうちやってみます。


ちなみに 前に記事にしたハナンズチョイスの気まぐれ花は今はこんなです。
IMG_2073.JPG

これではまったくダメですね~
今に全部落ちますよ。
   







  

posted by はっぱ at 15:44| Comment(0) | SH・OP1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

終盤になってきました

前回の記事では暑いですね~って書いたけど急に冬将軍の到来。
当地でも最低温度3度の日が出てきました。

慣れぬ寒さの中、やっと9日は市民農園の片付けです。
まずはここに最終に残った樹の始末

これはブル-クロップ接ぎ木
IMG_2028.JPG
ほとんど枯れこみ木質化してる枝の中で わずかに生き残っている枝も
この子は沢山収穫させてくれたのにと切るのも辛かったです。

IMG_2030.JPG

でももう仕方ないから下画像に。
ここまできたら剪定ハサミでは切れなくて後はノコギリの出番です。
IMG_2031.JPG


これはア-リ-ブル-接ぎ木
こちらは完全にアウトの枯れ木。
IMG_2033.JPG


そしてスパルタン接ぎ木
植え場所が悪いのか、ほとんど生らなかったけど
まだ生きている。
IMG_2034.JPG

花芽もぼつぼつだけどこれも切った。
IMG_2038.JPG
IMG_2039.JPG

他にも5本位は処分して・・・
さすがに懸命に育ててきた樹達の処分は心が痛んで悲しかった。
でも遠い畑は狭いから全部は移動できなくての選択 割り切らなくちゃですね。

伐採樹の根っこまで抜いて 細かく切って袋詰め。
後は雑草の枯草の片付けです。


片付け前
IMG_2027.JPG

片付け後
IMG_2041.JPG

ハウスの支え棒や支柱なども取り払って
IMG_2042.JPG
IMG_2043.JPG

後は中はチップ回収と防草シ-トの引き抜きで外は外周のハウスフレ-ム壊し。
このハウスは去年の11月から今年の始めまでかかって苦労して立てたもの、
イレクタ-使って資材代だけで相当かかったけど 将来が見えなかったから残念の極み。
去年台風で壊れたときにこの農園やめればよかったのに・・

この作業は来週の仕事になります。
まったくいつもくたびれ儲けばかりしてる私、グチブログも終盤になりました。

posted by はっぱ at 09:46| 終活リメイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

南ハウスのサザン

今日も暑いですね~
とても12月とは思えないです。

南ハウスの中、大鉢植えのサザンですが
これは今夏には水不足で枯れかかっていたユ-リカ
立ち直って緑の葉いっぱいまで回復していたのですが
今度は紅葉で落葉し、枝だけになりつつです。 
IMG_2017.JPG


これはまだ小さめのプリマドンナですが、鉢が大きすぎ。
でも根を見ると意外に大きめなので期待をこめてあえて大鉢に。
今までほったらかしだったから、果実の味も見ていない。
来年が楽しみな品種です。

IMG_4463.JPG


トワイライトはユーリカと一緒の管理で水きれさせたのですが、
もっと乾燥に強かったようでユ-リカよりは痛みが少なかったです。
この葉は緑がまだ残っていますね。 
IMG_4467.JPG



市民農園からの移動組スタ-
これは自作の接ぎ木ですから、自根よりは強健です。 
IMG_4469.JPG
葉を見るとすっかり赤銅色ですが、花芽もしっかりです。
IMG_2011.JPG


TH605は今年はあまり成りませんでした。
去年はまだ中苗だったのですが、中粒で美味しい果実だったような・・? 
IMG_4471.JPG


OP1は地植えからの鉢上げだからかなり大樹になってきました。
強健種で嫌というほど花芽が多い、かなり摘花しても沢山の果実。
毎年一番の早生で受粉も素晴らしい!
自家受粉性が高いのは本当ですね。
今年はならし過ぎたけど来年はセ-ブしてみます。
中粒がどこまで大粒に近づけるか興味しんしんです。 
IMG_2019.JPG 

この南ハウスにはサザンが多くまだ7.8種は有りますが
また次の機会に。
  
  

去年は仕事が多忙で終活の一環として法人を解散して仕事範囲を小規模にしたから
その手続きなどでやたら忙しく
また今年の春は諸事情で去年よりも超多忙でブル-ベリ-の御世話してないです。
それで何鉢も枯らし、画像のユ-リカとトワイライトも水きれで枯れ寸前でした。
今は少しだけ状態が落ち着き、これからはと思っています。


ああそれと前に記事にした10号スリット鉢の件
予算をかけないで探して
10号の菊鉢にしました。税込み398円だからとっつきやすいでしょ。
こんな感じなのよ~
IMG_2015.JPG
IMG_2016.JPG



posted by はっぱ at 14:10| ブル-ベリ-色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

鉢のハイブッシュ系3種

新設南ハウスの中では まあまあの3種の様子です。
  
コンコ-ド 最近はあまり聞かないから大分古い品種でしょうね。
うちでは品種Xと並んで甲乙つけがたい強健種。
接ぎ木にしたらやたら大きくなり、大粒で味も良かった。 
IMG_1997.JPG
この品種ブロ友さんからの頂き物だけど小苗だったからここまで成長するとは!
2013年に接ぎ木にしたものです。


甘くて大粒
花芽もしっかり着いています。
IMG_1999.JPG
IMG_2002.JPG



これも強健デニスブル-接ぎ木 かなり開帳性 もちろん自作接ぎ木。
地植え畑に大木あるから、廃棄と思ったけど、こんなに大きく花芽多いから
勿体ないと思って断念 意志は弱いですね~ 
IMG_2008.JPG



これはブリジッタブル- インパルス接ぎ木で
移動が遅かったから黒枝出来て、いまいちの様相。 
IMG_2009.JPG
今年は大粒で味も美味だった品種。
樹形が気に入らないけど まあゆっくり建て直します。

IMG_2011.JPG

この苗たちを移動鉢取りで気づいたことは
市民農園では超加湿と超乾燥の場所があって、その両方で底に樹皮を敷いた樹は
根の張りがとても良いのです。

昔2012年に加湿で枯らした苗の記事でがんじいさんに頂いたコメントで
「加湿対策は底に樹皮を敷いています」と教えてもらっていたのに。
そのころは樹皮入手できないものだから、すっかり忘れていました。
去年から友人の好意で多量の樹皮を入手出来て、使ってみたらの発見。
今回は樹皮の良さ痛感しましたよ。
樹皮の間にしっかりした細根が何本も伸びているのをこの目でみました。
特に樹皮の細かいものが根には良いようです。
植替えは夢中でしているから写真撮れず残念です~

今後の鉢用土に活用はもちろんの事、粗目はマルチにも有効と思いましたね。
posted by はっぱ at 11:39| NHコンコ-ド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

北ハウスの整理など

このところ暖かい日が続いて、休日はひたすら畑作業です。

この前の三連休には北ハウスの地上げ作業。
中に入っていた苗を全部外に出して、防草ネットを外し
花壇を取り除けたときの土をその上にばら撒く作業。
IMG_1976.JPG

隅々の雑草を抜いて デコボコ敷地の上に外にあるコンテナ土を盛ったのです。
IMG_1979.JPG

土均しをしたのですが、土が少なくあまり高くはなりません。
IMG_1982.JPG

でも一応新品の防草シ-トに張り替えて 仮設で苗を置く。
IMG_1983.JPG

狭いチビハウスですが(たった6坪位)意外と入ります。
南にハウス作って収穫苗の大鉢を置いたから、ここは日照に難が出てくると
コンテナやブル-の木台入れて高めに苗を置きます。
ここには10号以下の果実を付けない苗だから、まあこれで良いかと判断。
IMG_1989.JPG
IMG_1991.JPG


ちなみに南ハウスには大鉢ばかりで今のところ27本です。
IMG_1993.JPG
この大鉢分剪定と地植えハウス剪定もついでの作業で時間かかりましたね。

中はユ-リカ、トワイライト、OP1、スタ-、TH605、スジ-ブル-など
ノ-ザン、ラビットも地植え畑に入りきれない樹達の住まいです。

市民農園の苗木達はほぼ引っ越し完了で、この畑の仕事残は移動組後3本の
鉢植えと先ほどの北ハウスの全種類の植替えでまだまだ終わりにはなりません。
  
この3日間もピ-トや用土の混入で手はカラカラ乾燥で指先は爪まで真っ黒です。
上画像の北ハウスの土盛りの合間には移動組の植替えで何本したかしら?
今回も非常に疲れました~

でも張り切ってるからか毎年風邪ひいたり、なんか体調悪い時期なのに元気です。
来週は北ハウスの中苗小苗を選別してダブリ品種を廃棄。
少しずつの鉢替えなど毎年の恒例行事を丁寧にやろうと思っています。
  
  
そしてその次の休みからは返却する市民農園の後片付け。
3月まで時間は有るのですが 出来れば今年内に返却したいと思っています。
枯れた雑草や防草シ-トの取り除け、そしてハウス取り壊しですが
このハウスは今年の始めに立てたばかり、去年の台風で壊れたからですが
費用も高額で残念ですが 親の件があって両方は出来ないのです。

まあ何とか頑張ってやっていきます。
最近の記事コメント欄もなくしていますが、
書くことによって頑張れる私の独り言、グチ日記ばかりです。


posted by はっぱ at 10:52| 終活リメイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

友人に譲渡苗

大分寒くなってきましたね。

市民農園に残した苗、大分全部枯れや枝枯れの多い苗出てきました。
忙しく手入れをしないから、可哀そうなことになっています。

休みと言えば遠い農園にかかりきりでここはもうやめるから手抜きです。

それでも元気に生き抜いてくれてる苗が20本はまだありました。
今日はその中から品種だぶって持ってるのや、移動するにも大きすぎ
そんな苗を友人にもらっていただきました。

これはリヴェイルとノ-スランドの2種接ぎ木
IMG_1968.JPG
あんまり何本もはお世話できないというから
1本で2本分の 大きな接ぎ木です。

別の友人にはブル-リッジ接ぎ木収穫苗で今年も良くなった樹を。
これも特大でした。
この方は庭で地植えにするとのことで、ラビットの豊産種
バルドウィンとメンディトウの中苗も嫁がせました。
(これで譲渡苗は全部で22本)


今日は4本出したけどここにはまだ元気そうなの16本残っています。
後は中苗が多いから移動は楽でしょうが、今度は10号スリットが足りない。
購入考えたけれど、スリット鉢意外に高い698円もする。

コメリの44センチでも700円くらいだったから、購入するならこれの方が
ましだけど、大鉢に中苗サイズを入れると加湿になって不調にする危険大。

ブル-ベリ-の場合浅根だから、周りは大きく深さは30位でもよさそう。
薔薇鉢は深いし、おまけに底が細くなっているしNPポットは値段が高い。
何か良い鉢ないかな?
私の持ってるのは6号や8号が多くて10号は使い果たした。
まあこの件はホ-ムセンタ-回って再考することにしました。


最近は早朝7時には遠い農園に行って、移動組の剪定や害虫退治をしています。
地植えのスパルタンに大きなミノムシがいて驚きました。
IMG_1972_LI.jpg
隣に植えてるハナンズチョイスから移動したらしいです。
ミノムシはあまり大きな害はないとの情報だったのですが
うちではチビミノムシが沢山いたハナンズチョイスの花芽が中をくり抜かれて
無残な状態になっています。
実際に花芽についてるミノムシを何度も見ました。

何度かに分けてテデト-ル作業をしたのですが、これで全部退治と思っても
翌日にはまた結構いるのですよ。
全くの無農薬は難しいですね。
今回は有機栽培の登録農薬でも探したいと思いました。

posted by はっぱ at 13:14| 終活リメイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

ハウスは一応完成

土、日の作業でハウスのネット張りは終了。
しばらくは春の受粉のため、天井ネットは張りません。


外から見ると 東側入口からはこれ
奥に見えるのは北ハウスと物置です。
作業車が汚くて恥ずかしいですけどね。後ろドア閉めとけばよかった。
IMG_1965.JPG


ついでに西入口から見るとオリ-ブの奥が地植えのネットハウス。
IMG_1966.JPG


今回完成のミニハウスの中は 北にノ-ザン系置いています。
前回記事にしたダロウは花芽が沢山着いて勿体ないとの夫の一言で鉢植え。
画像の一番奥右側に55センチ鉢置きました。
IMG_1964.JPG

中列にはサザン系
IMG_1962.JPG


南側にはラビット系少しとサザン系 一応受粉を考えての配列なのですが・・
IMG_1961.JPG

うちではラビット系が少なくサザン系が一番多いです。
このハウスの日照は前の道路南に空き家があるため、北側の方が日照時間が
長いのです。
まだ仮置きでコンクリの上に直置きですが、これはそのうち木板を敷くとか
何か持ち上げる方法考えています。

とりあえずの設置ですがまだ市民農園には44センチ鉢予定の樹が数本残で
画像のちぐはぐな10号スリットは北ハウスに入れるつもりです。
それにしてもミニハウスは小さいですね~


この日は5本の植替えで疲れはて作業終了。
それと小苗中苗を18本友人に譲渡、遠い畑に取りに来てもらいました。
接ぎ木も一時は面白半分に作ったからスパやチャン、オニ-ルなど多数あって
貰って頂いて少し片付きました。 
来週は小苗用の北ハウスを整理しようと思っています。

3日連続休日だから市民農園残を全部移動したいのですが、
受け入れ場所をしっかり作るのが先決問題。

手前の新ハウスのせいで北ハウスは日当たり悪くなるから
土入れをして地面を上げ、その上に防草シ-ト敷き。
さらに木台やコンテナ使って苗置き場を高くするなどの工夫が必要。


それにしても品種を持ちすぎ、小苗を作りすぎで整理が大変です。
いまいちの分は処分と思いながらスパッと思いきれない。
困った自分がいます~


posted by はっぱ at 10:40| 終活リメイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

ダロウどうしようか

市民農園から遠い農園に樹の移動は着々と進んでいます。

朝夕はすっかり冷え込んで、それらしい季節になったのですが
まだ13本位残りで12月までの移動を企んでいるから焦っています。


今日の記事はこの畑で一番大きくなったノ-ザンダロウ接ぎ木です。
この畑借りた最初からですから、5年位はいるでしょうか。
購入時2年生で鉢で1年、今は8年の接ぎ木です。

これは自作ではなく、高松で購入したインパルス接ぎ木。
画像のように非常に開帳性。
果実は大粒ですが、味が酸味強く 農園に来た友人たちが
試食してこれは酸っぱいと必ず言うしろもの。
IMG_1956.JPG

ところが今年から、酸味が弱まって、食べれる味になってきたのです。
私の味覚が変わったのか、たまたま今年の気象条件のせいでしょうか。


この開帳性の枝先にはもうしっかりとした花芽が着いています。
IMG_1958.JPG

IMG_1959.JPG

これはあまりにも大きいから譲渡か廃棄を考えていました。
根も相当張っている様子。
遠い農園は狭いし、44の大鉢には入らないから鉢は55センチで63Lの用土。
どうしようかな? その価値あるか? 置くスペ-スは?


とりあえず今度の日曜に抜いてみて 決めようと思っています。
この開帳性は最初の樹形の作り方に問題ありかもしれませんね。

色々栽培して開帳性はス-ジ-ブル-と直角枝のオニ-ルと思っていました。
でもうちのオニ-ルは樹高たかくなっています。
剪定の仕方でダロウも修正できるかともと思います。
でもきつい酸味はどうなんでしょか。

今年は良かったけど本来の味は? どうしようか今悩んでいます~

  

posted by はっぱ at 10:13| NHダロ- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする