2019年03月08日

これは何?

先週の土曜日に 知人の山の果樹園に行ってきました。

久しぶりの山 ここは市内中心地から東の五台山という山です。
知人の果樹園はこの山の北斜面ですが、南には観光名所県立牧野植物園、
隣地には四国霊場の竹林寺があってとても素晴らしいところです。

竹林寺さんのイベントなどに参加の時は駐車場混むからこの農園に
車止めて私は徒歩で山越えして行くのです。


頂上からは高知市東部の遠景が少し見えます。
真下の畑群には秋はコスモスでいっぱいだったのですが 今は寂しいです。
IMG_0249.JPG

頂上を含め下までの広い農園で知人はミカンを栽培しています。
収穫期には沢山頂くから毎食後ミカンを食べて風邪知らずで感謝しています。

IMG_0251.JPG 
IMG_0253.JPG
麓近くまでずっと続く農園で お手入れが大変だけど 羨ましい広さです。

IMG_0255.JPG

  

ここは四季ごとに色んな自然の植物の宝庫で
今は 随所に多数の蕗の薹が芽吹いています。 
IMG_0254.JPG

山の頂上辺りにはこんな植物が 
でもこれ何でしょうか?
ブル-ベリ-でないのは確かですが 形が似てると思いませんか。 
IMG_0256.JPG
IMG_0257.JPG

久しぶりにこの山に行った理由は 頂上の竹を切りに行ったのです。
先の記事でも書きましたが マルハナバチが来ないので捕獲を試みようと。
夫が捕獲器を作るとかで 知人に相談してこの山の竹で作ることにしたようです。
私は怖いマルハナは苦手ですが、受粉にマルハナが来ないといつもこぼすから
夫はちょっと男気を出したようです~(笑) 
posted by はっぱ at 14:55| Comment(4) | 植物全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お住まいの近くは自然に囲まれているのですね。
いい景色、いろいろな食べ物、うらやましいです。
マルハナバチはどこに巣をつくっていますか。
山の竹でなにをつくるのかな。
想像がつかなかったです。

Posted by TLY at 2019年03月09日 08:33
TLYさん
 
私の家はもっと中心地なのですが、農園が東部だから
市内東部で動く事多いです。

クロマルハナの巣は不明ですが、土中で生息するとかで、前に雑誌で河原にある葦を束ねて飼ってる記事見て
夫は真似をしているようです。
当てにはならない事ですが来年の収穫期まで少し研究してみたいと思っています。
Posted by はっぱ at 2019年03月09日 10:28
はっぱさん、お元気そうで何よりです。途中から徒歩・・、大丈夫でしたか?きつくないですか?
ついにマルハナバチの捕獲、チャレンジしますか。私は昨年竹を束ねて捕獲を試みましたが失敗してしまい、しかもマルハナバチの生態も何も知らずに痛恨のミスを致しました。
入らなかった原因を探るベく、マルハナバチ本を購入して読んだら、その事に気付きまして、後の祭りです。
その痛恨のミスと言うのは、樹皮チップを入れるタイミングです。
マルハナバチの中には、土とかマルチの中に巣を作るものがあるのです。昨年、うちには6~7匹のマルハナハチ(自然にいる個体たち)が来てくれました。
が、昨年冬に入る前にそのマルチの上に上乗せしてしまったのです。
本来なら、昨年孵化したマルハナハチの子の世代が孵化した近くのブルーベリーの花の受粉をしてくれたことでしょう。が、私は巣穴が巧妙過ぎて見えない巣の入り口を樹皮チップでふさいでしまったかも、なんです~。知らないこととは言え、トホホ・・・です。
そう言えば、昨年は樹皮のチップが手に入らなくなって、あちこち探しあるいて、ようやく手に入ったけど、生だったから夏が過ぎてから樹皮を撒いたので、受粉に全く支障がなかったみたいで、6~7匹のマルハナバチ達は思う存分蜜を吸いにやって来てくれたと言うのに・・・。
うちのマルハナバチが農園内でなく、他の場所で越冬してくれていることを願うのみです。
はっぱさんは、ご主人の理想の捕獲ができて、その中で越冬してくれると良いですね。(^^)
Posted by Reveille at 2019年03月10日 12:31
Reveille さん
 
お久しぶりです。
元気ですが、携帯変えたら料金予想より高くて、カケホ-ダイやめました。それでお電話しなくなって・・
クロマルハナは小型のが菜の花に来てるのですが、BBには来なくて、ユ-リカは花がポロポロ落果しています。
マルハナの捕獲は難しそうですね。
夫が友人と研究するそうで任せています。
そちらは広い農園に自然のマルハナが生息しているのね。羨ましいです。
4月頃には外から現れるのですが、その頃にはユ-リカは大分終わっています。
今年もマルハナでの受粉は厳しそうです。
他の蜂でその他のハイブシュ系はいけそうなのでまあ仕方ないです。

Posted by はっぱ at 2019年03月11日 09:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください